画像付きExcelのファイルサイズを落とす方法

Microsoft Excel2010に画像を張り付けると、ファイルサイズがメガ単位にまで大きくなり、メール添付が困難に。

そんな時は、サイズを劇的に下げる方法を。

  1. 名前を付けて保存
  2. 保存ボタン左のツールをクリック
  3. 図の圧縮を選択
  4. 電子メール用96ppiを選択
  5. 上書き保存で終了

Win10アップデート失敗

Win10アップデート失敗により「元の状態に戻しています」が頻発し、丸一日PCが使えない日もしばしば。

2017-07 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1511 の累積更新プログラム (KB4025344)のインストール失敗が原因の様だ。

当面の解決策としては、このプログラムをインストールしないように設定する。

  1. Winマーク→設定→更新とセキュリティー→Windows Update→詳細オプション→更新履歴を表示するで、失敗した更新プログラムを確認する。
  2. https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/307393に入ってwushowhide.diagcab をDL
  3. 起動し「Hide updates」を選べば無効にしたいWindows Updateを選択でき、「Show hidden updates」を選べば一回無効にしたWindows Updateを再度有効にすることができる。

PDFデータのサイズを下げる

8MのPDFを半分以下にリサイズする必要が出てきた。

Acrobat Xでサイズが縮小されたPDF機能でも、最適化されたPDFで諸々設定してもせいぜい1M下がるだけ。

数々のオンラインサービスでダウンリサイズしても結果は同じ。

試行錯誤の結果、下記でやったら大成功!!!

  1. イラレのプリントでPDFデータを作成
  2. 作成したPDFデータをイラレで開く
  3. 別名で保存でAdobePDFを選択
  4. 一般 オプションのチェック項目をすべて外して保存
    (ここまでで約半分になった)
  5. さらに、Acrobat Xで開いてサイズが縮小されたPDFで保存
  6. 劇的に下がった! 8M→3.2M

マイクロソフトセキュリティチームを名乗るメール!

差出人がマイクロソフトセキュリティチームで、タイトルが「警告!!マイクロソフトのプロダクトキーが不正コピーされている恐れがあります。」

いかにも?なメールタイトル。

本文

セキュリティに関する警告!!
あなたのオフィスソフトの授権が間もなく終わってしまう可能性があります。
マイクロソフトセキュリティチームの調べによれば、あなたのオフィスソフトのプロダクトキーが何者かにコピーされている不審の動きがあります。
何者かがあなたのオフィスソフトのプロダクトキーを使って、他のソフトを起動しようとしています。こちらからはあなたの操作なのかどうか判定できないため、検証作業をするようお願いします。
検証作業が行われていない場合、あなたのオフィスソフトのプロダクトキーの授権状態がまもなく終わりますので、ご注意ください。
<http://wolaile.ru/>今すぐ認証
*ライセンス認証(マイクロソフトプロダクトアクティベーション)とは、不正なコピーを防止する技術で、手続きは簡単に実行できます。 また、この手続きは匿名で行われるので、お客様のプライベートな情報は保護されています。ご安心ください。

間違ってもリンク先をクリックしてはイケない。
マルウェア (malware)に感染すること間違いなし。

参照:マイクロソフトコミュニティ

メーで送られてきた画像ファイルが文字化け

PC初心者からメールで送られてきた圧縮ファイルを解凍した際、Windows10で開くと文字化けが起こる場合、往々にしてファイル名に日本語が含まれている。

回答したフォルダの中に「_MACOSX」があれば、「はは~、先方さんMacで圧縮したな~」と理解できる。

MacやLinuxとWindowsでは文字コードが異なるためこのような現象がおこる。

なので、メールなどでファイルを送る場合は「半角アルファベット及び、アラビア数字10字とアンダーバー」でファイル名を書く必要がある。

修正するフリーソフトもあるが、USBドライブに圧縮ファイルを移してMacで解凍しなおして、Winに持ってくる。
時間的には1分足らず、ソフトを入れるか否かはMacPCの有無と作業量及び時間の問題だろう。%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-11

googleカレンダーの設定

昔は手帳に予定を書き込んで持ち歩いていたが、今やスマホのスケジュールアプリで確認するのが常となった。

うっかり忘れていた予定でも1時間前には知らせてくれるし、クラウドなのでPCとの連携も十分だ。

ただ、ビジネスを行っていると、毎月末の予定が多く、繰り返し設定をしたい場合、3/31に繰り返し設定すると、翌月の4/30には予定が無く、5/31に出るということになる。

そこで以下の設定を行うと、日にちに関係なく毎月末に予定が表示されるようになる。

  1. Googleカレンダーを開き、翌月の1日に月末の予定を入力する。
  2. 上部右端の歯車マークをクリックし「設定」をクリック。
  3. 左上タブのカレンダーをクリックし下部中央に「カレンダーをエクスポート」をクリックするをZIPファイルがダウンロードされる。
  4. 該当ファイル(拡張子.ics)をエディタで開き、先ほど入力した予定のタイトルを探す(新しい予定なら一番下)。
  5. タイトルから9行上に
    RRULE:FREQ=MONTHLY;BYMONTHDAY=1
    というのがあるので、末尾の1を-1に変更し適当な場所に保存する。
  6. 先ほどのカレンダーのエクスポートの隣のインポートをクリックし、保存した修正ファイルを選んでインポート。

これで、毎月末に繰り返す予定が移動しているはずである。

 

オーストラリア税務署からのフィッシングメール 

オーストラリア税務署から下記メールが添付ファイル付きで届きました。
シドニーの知人とメールや郵送物のやり取りをしているので、税務署がわざわざ何だろう?
と思いきや。。。

———————————————————

送信元:notice@ato.gov.au
件名:Australian Taxation Office – Refund Notification
本文:
Australian Taxation Office

12/11/2013

TAX REFUND NOTIFICATION

After the last calculation of your fiscal activity we have determined that you are eligible to receive a refund of 0995.18 AUD.

For more details please follow the steps bellow :

– Right-click the link on the attachment name, and select Save Link As, Save Target As or a similar option provided.
– Select the location into which you want to download the file and choose Save.
– Open the file Microsoft Word file to view the details.

Madeline Roy,
Tax Refund Department
Australian Taxation Office
———————————————————

今時、こんな詐欺メールに引っ掛かる人はいるのでしょうか?
そもそも常識的に考えて、税務署がわざわざ異国の個人宛にこの様なメールを送る訳が無い。
知らないで添付ファイルを開けようものなら、たちまちPCはウイルスに感染してしまいます。
まあ、最近のウイルスソフト(有料のもの)ならば排除してくれると思いますが。。。

メールヘッダー覗いてみると(メッセージ → オプション → インターネットヘッダー)

Return-Path: <fraud@aexp.com>

やはり偽装しています。
この本当のメルアドをデータベースで調べてみれば・・・
案の定ブラックリストに登録してありました。

皆さん知らないメールには気をつけましょう!

 

Outlook2007~の印刷設定

メーラーにOutlook2007~を利用している時、着信メールを印刷(メモスタイル)すると左上の上にユーザー名またはコンピュータ名が印刷される。

お客様より、「個々のメールアドレスから転送されてくるメールで、どれも同じ名前なので判別し難く、どうしても削除して欲しい」との依頼が来るが、現状、非表示や削除するオプションはMicrosoftからは提供されていないないようだ。
どのメールアドレス宛に来たのかを見ればすぐわかるが、老眼で見えないとのこと(^^ゞ。

Word などに メッセージを 一度 Export をしてから印刷するしか方法が無いが、PC操作に疎いお客様には難しい。

仕方なく腕力勝負で、ファイル→ページ設定→印刷スタイルの定義→メモスタイル→編集で
書式のフォントのタイトルを1pt、フィールドを20ptに設定。

これでユーザー名は見えない程小さく、フィールド情報は老眼でもわかる程拡大されたのでひとまず問題解決。

Windows8アップデート

NECの LaVie LS150 2台のWin7→8バージョンアップを依頼され行った時のメモ。

新品のノートPCなのでリカバリディスクの作成から始め、ガイドのコピーやBIOSを更新、非対応ソフトの削除、ウイルスソフトの更新等々で半日がかりの作業でした。

起動する度に「スクリプトファイル”C:¥Win8Guide¥DATA¥FinalizeW8Guide.js”が見つかりません」というエラーが表示さ、恐らく名前からしてWin8のバージョンアップ時に出来たゴミの様なものだろう。

対処法としては「Win8GUIDE_Clean.bat」というバッチファイルが出ていたのでそれをあてて解決。
ハードディスクの任意の場所(「C:\Win8Guide」以外)に格納し、エクスプローラーで開いて右クリックして「管理者として実行」をクリック、コマンドプロンプト画面が終了したら再起動して完了。