入荷しました。

品名 メーカー 型式 価格(円・税、送料別)
電界放出型走査電子顕微鏡 日本電子(JEOL) JSM-7400F 5,000,000
イオンコーター エリオニクス   200,000
FIB 日立ハイテクノロジーズ SMI-2050 5,000,000
プロファイラー KLA Tencor   1,200,000
アルカリドラフトチャンバー アズワン CD9N-N 150,000
光マルチメーター 安藤 AQ2140 40,000
ステンレスドラフトチャンバー アズワン CD9S 150,000
防振台(スチール) 明立精機 VISOLATOR 280,000
UVオゾンドライストリッパー サムコ UV-1 280,000

オーストラリア税務署からのフィッシングメール 

オーストラリア税務署から下記メールが添付ファイル付きで届きました。
シドニーの知人とメールや郵送物のやり取りをしているので、税務署がわざわざ何だろう?
と思いきや。。。

———————————————————

送信元:notice@ato.gov.au
件名:Australian Taxation Office – Refund Notification
本文:
Australian Taxation Office

12/11/2013

TAX REFUND NOTIFICATION

After the last calculation of your fiscal activity we have determined that you are eligible to receive a refund of 0995.18 AUD.

For more details please follow the steps bellow :

– Right-click the link on the attachment name, and select Save Link As, Save Target As or a similar option provided.
– Select the location into which you want to download the file and choose Save.
– Open the file Microsoft Word file to view the details.

Madeline Roy,
Tax Refund Department
Australian Taxation Office
———————————————————

今時、こんな詐欺メールに引っ掛かる人はいるのでしょうか?
そもそも常識的に考えて、税務署がわざわざ異国の個人宛にこの様なメールを送る訳が無い。
知らないで添付ファイルを開けようものなら、たちまちPCはウイルスに感染してしまいます。
まあ、最近のウイルスソフト(有料のもの)ならば排除してくれると思いますが。。。

メールヘッダー覗いてみると(メッセージ → オプション → インターネットヘッダー)

Return-Path: <fraud@aexp.com>

やはり偽装しています。
この本当のメルアドをデータベースで調べてみれば・・・
案の定ブラックリストに登録してありました。

皆さん知らないメールには気をつけましょう!