画像付きExcelのファイルサイズを落とす方法

Microsoft Excel2010に画像を張り付けると、ファイルサイズがメガ単位にまで大きくなり、メール添付が困難に。

そんな時は、サイズを劇的に下げる方法を。

  1. 名前を付けて保存
  2. 保存ボタン左のツールをクリック
  3. 図の圧縮を選択
  4. 電子メール用96ppiを選択
  5. 上書き保存で終了

PDFに画像文字が入っている場合のテキスト変換

PDFの文字をwordで文字カウントをする場合、テキストをコピーしてwordに張り付けるが、PDF内に画像が張り付けてあるとテキストとして認識しない。

OCRに変換して張り付けても文字化けする。

解決策

1.Acrobatで開く
2.OCR化 [ ツール ] > [ テキスト認識 ] > [ このファイル内 ]を選択
3.名前を付けて保存 >画像(jpg)
4.読み取り革命で3.を開きword文書に変換、保存

めでたくwordでカウント可能になります。

Win10アップデート失敗

Win10アップデート失敗により「元の状態に戻しています」が頻発し、丸一日PCが使えない日もしばしば。

2017-07 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1511 の累積更新プログラム (KB4025344)のインストール失敗が原因の様だ。

当面の解決策としては、このプログラムをインストールしないように設定する。

  1. Winマーク→設定→更新とセキュリティー→Windows Update→詳細オプション→更新履歴を表示するで、失敗した更新プログラムを確認する。
  2. https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/307393に入ってwushowhide.diagcab をDL
  3. 起動し「Hide updates」を選べば無効にしたいWindows Updateを選択でき、「Show hidden updates」を選べば一回無効にしたWindows Updateを再度有効にすることができる。

PDFデータのサイズを下げる

8MのPDFを半分以下にリサイズする必要が出てきた。

Acrobat Xでサイズが縮小されたPDF機能でも、最適化されたPDFで諸々設定してもせいぜい1M下がるだけ。

数々のオンラインサービスでダウンリサイズしても結果は同じ。

試行錯誤の結果、下記でやったら大成功!!!

  1. イラレのプリントでPDFデータを作成
  2. 作成したPDFデータをイラレで開く
  3. 別名で保存でAdobePDFを選択
  4. 一般 オプションのチェック項目をすべて外して保存
    (ここまでで約半分になった)
  5. さらに、Acrobat Xで開いてサイズが縮小されたPDFで保存
  6. 劇的に下がった! 8M→3.2M

マイクロソフトセキュリティチームを名乗るメール!

差出人がマイクロソフトセキュリティチームで、タイトルが「警告!!マイクロソフトのプロダクトキーが不正コピーされている恐れがあります。」

いかにも?なメールタイトル。

本文

セキュリティに関する警告!!
あなたのオフィスソフトの授権が間もなく終わってしまう可能性があります。
マイクロソフトセキュリティチームの調べによれば、あなたのオフィスソフトのプロダクトキーが何者かにコピーされている不審の動きがあります。
何者かがあなたのオフィスソフトのプロダクトキーを使って、他のソフトを起動しようとしています。こちらからはあなたの操作なのかどうか判定できないため、検証作業をするようお願いします。
検証作業が行われていない場合、あなたのオフィスソフトのプロダクトキーの授権状態がまもなく終わりますので、ご注意ください。
<http://wolaile.ru/>今すぐ認証
*ライセンス認証(マイクロソフトプロダクトアクティベーション)とは、不正なコピーを防止する技術で、手続きは簡単に実行できます。 また、この手続きは匿名で行われるので、お客様のプライベートな情報は保護されています。ご安心ください。

間違ってもリンク先をクリックしてはイケない。
マルウェア (malware)に感染すること間違いなし。

参照:マイクロソフトコミュニティ

Google Chromeが遅い!

ここ半年ほどGoogle Chromeが急に重くなった。

変えたことと言えばWin7から10にしたことだが、それが原因とはググっても出てこない。

フォーラムに下記記事があったので試してみた。
Google のサーバーは、通常の HTTP ではなく特殊なプロトコルを使用しているので、一度無効にしてみる。
アドレスバーに chrome://flags/ と入れて
出てきた一覧より「試験運用版の QUIC プロトコル」を無効に変更し、chromeを再起動して確認する。

改善した(^_-)-☆

メーで送られてきた画像ファイルが文字化け

PC初心者からメールで送られてきた圧縮ファイルを解凍した際、Windows10で開くと文字化けが起こる場合、往々にしてファイル名に日本語が含まれている。

回答したフォルダの中に「_MACOSX」があれば、「はは~、先方さんMacで圧縮したな~」と理解できる。

MacやLinuxとWindowsでは文字コードが異なるためこのような現象がおこる。

なので、メールなどでファイルを送る場合は「半角アルファベット及び、アラビア数字10字とアンダーバー」でファイル名を書く必要がある。

修正するフリーソフトもあるが、USBドライブに圧縮ファイルを移してMacで解凍しなおして、Winに持ってくる。
時間的には1分足らず、ソフトを入れるか否かはMacPCの有無と作業量及び時間の問題だろう。%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a-11

発注元のドタキャン!

そんなに多くはないのですが、さんざん印刷物のデータを作らせてドタキャンする委託者は存在するものです。

今回、口田沢の家庭料理のお店もそうでした。

先方から名刺を依頼され、制作後ご提示、指示通りに直したら今回は結構ですと。。。

そういうお店は、いくら良い口コミがあったとしても、人間性を疑うので行きたくありません。

友達に紹介もしないでしょう。

Adobeのフォント追加

PhotoshopやFireworks、イラレなどで使える中国語に対応したフォントを探していたところ、
Google とAdobeが共同開発した高品質な CJK フォントを無料で公開していました。

http://googledevjp.blogspot.jp/2014/07/noto.html

これはありがたい!

早速DLし、Windowsのフォントにインストールするだけですぐ使えます。
日本語フォントはただでさえ高価なのに、こういうフリーで利便性が高いものは非常にありがたい。


(左から) 簡体字中国語、繁体字中国語、日本語、韓国語、それぞれの言語における「骨」の字

中国語サイト

グローバルサイトの中国語の翻訳ページを制作しています。

そのまま翻訳したものを載せても文字化けしてしまうので、属性タグを編集する必要があります。
<html xmlns=”http://www.w3.org/1999/xhtml” lang=”ja,zh” xml:lang=”ja,zh”>

日本語も混在する場合は日本語「ja」と中国語「zh」を入れます。

また、簡体字のgb2312をmetaタグで指定し、ページのエンコーディングも修正してようやく文字化けしないページとなりました。
<meta http-equiv=”Content-Type” content=”text/html; charset=bg2312″ />

因みに、前回行ったスペイン語翻訳ページの場合は、そこ手の作業がなくとも表示されました。

54c982d4e0b58f53d744c7d63bfc7eb9

1a99470e9529f91b8754744c8e4dd139