表彰状の依頼

表彰状

表彰状の作成依頼がありました。表彰状
米沢市内の業者は、1枚当り5,000円+額縁とのことで、人数が多いので予算が足りないとのご依頼。
なんとか予算内でご納品させていただきました。

賞状(各個人名、文面)A3サイズ、額縁(コクヨ額縁 金ラックA3用)で4,000円~お作りいたします。
角印の印影も1,000円でお作りします。(作成データの提供可)

三菱東京UFJ銀行を装うスパムメール

三菱東京UFJ銀行を装うスパムメールが会社宛に来た。
中身は全く同じで送信元ドメインも下記の通り似ている。

  • 三菱東京UFJ銀行:direct.bk.mufg.jp/
  • スパム:mufg.jp

送信元はbk@mufg.jpで、即メールソフトでスパム登録。

三菱東京UFJ銀行でも注意を促している。
http://www.bk.mufg.jp/info/phishing/20131118.html

以下メール本文

——————————————————————————-
こんにちは!

最近、利用者の個人情報が一部のネットショップサーバーに不正取得され、利用者の個人情報漏洩事件が起こりました。

お客様のアカウントの安全性を保つために、「三菱東京UFJ銀行システム」がアップグレードされましたが、お客様はアカウントが凍結されないように直ちにご登録のうえご確認ください。

以下のページより登録を続けてください

https://entry11.bk.mufg.jp/ibg/dfw/APLIN/loginib/login?_TRANID=AA000_001 <http://bk.mufg.jp.oco.cn.com/ibg/

―Copyright(C)2014 The Bank of Tokyo-Mitsubishi UFJ,Ltd.All rights reserved――
——————————————————————————-

ヘッダー情報は下記の通り

Return-Path: <bk@mufg.jp>
Delivered-To: info@moin.co.jp
Received: from localhost (localhost [127.0.0.1])
by mx.gmoserver.jp (Postfix) with ESMTP id DE90179A7F
for <info@moin.co.jp>; Mon, 6 Jan 2014 05:00:26 +0900 (JST)
X-Virus-Scanned: amavisd-new at gmoserver.jp
X-Spam-Flag: YES
X-Spam-Score: 10
X-Spam-Level: **********
X-Spam-Status: Yes, score=10 tagged_above=9 required=9 tests=[CMAE_1=10]
X-Spam-Report:
* 10 CMAE_1 Cloudmark CMAE detected spam
Received: from mx.gmoserver.jp ([127.0.0.1])
by localhost (mx.gmoserver.jp [127.0.0.1]) (amavisd-new, port 10024)
with ESMTP id eZZr7MKgUi4l for <info@moin.co.jp>;
Mon, 6 Jan 2014 05:00:26 +0900 (JST)
Received: from mufg.jp (unknown [61.250.151.31])
by mx.gmoserver.jp (Postfix) with ESMTP id 63A2879A7C
for <info@moin.co.jp>; Mon, 6 Jan 2014 05:00:26 +0900 (JST)
From: =?GB2312?B?yP3B4pZ8vqmj1aPGo8rjedDQ?= <bk@mufg.jp>
Subject: [spam] =?GB2312?B?pe2lsKWkpfM=?= – =?GB2312?B?pLSxvsjLtF/VSg==?=
To: info@moin.co.jp
Content-Type: text/html;charset=”GB2312″
Content-Transfer-Encoding: 8bit
Date: Mon, 6 Jan 2014 04:00:19 +0800
X-Priority: 3
X-Mailer: Microsoft Outlook Express 5.00.2919.6700
Message-Id: <20140105200026.DE90179A7F@mx.gmoserver.jp>

 ※騙されないように注意しましょう!

ブルーライトカットの無料設定

液晶モニターから発せられるブルーライトの悪影響がここ数年徐々に取り上げられ、PCメガネや保護フィルムが売れているらしい。

仕事柄、朝から時には深夜までPC3台のモニターを見続け、眼精疲労による肩こりや頭痛に悩まされることもしばしばである。

悪影響については専門家に譲って(こちら←)、無料で出来る画面のプロパティでの設定方法でブルーライトをカットしてみた。

WinXPの設定

  1. ディスクトップ上で右クリックし画面のプロパティを開き設定タブをクリック
  2. 右下の詳細設定をクリックしプラグアンドプレイモニタ・・・の色タブをクリック
  3. 青を選択して明るさを-20にして適用 終了

Win7の設定

  1. ディスクトップ上で右クリックしグラフィックプロパティを開きディスプレイの色調整を選択
  2. 色のプルダウンで青を選択し明るさを-20にして適用 終了

※外付けのモニターも利用している場合、ボタンを操作して青色光を減らすように設定もすると効果的です。

 

 

 

以上

根雪

今秋になってから降り続く雪は「根雪」になりそうな予感。
最近まで「根雪」を「寝雪」と書くとばかり思い込んでいた。
これも30年以上も地元を離れていたせいだろう。
ツイッター辺りでは、若い人に限って寝雪と書いている。
ということは、自分もまだまだ若いのか?(^^ゞ

ところで気象庁の用語では根雪を「長期積雪」というらしい。

以下が根雪の定義:
積雪が30日以上継続した状態のことをいう。ただし、積雪が10日以上継続した場合、5日間以内の無積雪期間があっても、次の10日以上に渡って積雪が継続した場合は、積雪が継続しているものとみなす。
さらに再び5日間以内の無積雪期間があっても、次の10日以上に渡って積雪が継続すれば、同様に積雪が継続しているものと見なす。
以降も同様。

そして、継続した積雪が始まった日を根雪初日というが、根雪の定義が上述のとおりであるので、根雪初日はその日に発表されるのではなく、しばらく後になってから発表されるとのこと。

だとすると、この連日の雪が降り始めたのはいつからだったか?
毎年、根雪当てクイズでもやったら面白いかも!!!

震災から二週間

先々週11日(金)に起きたM9.0の巨大地震そして津波によって、東北太平洋側広域で阪神淡路大震災を超える非常に多数の方が犠牲となり、また原発などの二次被害も相まって我が国及び日本経済にもに甚大なる被害をもたらしました。この大災害により被害を受けられた方々に、心からお見舞いを申し上げるとともに、亡くなられた方々に心よりご冥福を祈念申し上げます。

地震大国でありながら忘れたころに来る巨大地震に対し、手の打ちようがないかのような毎度の各地の被害を見るにつけ、個々のリスク管理やマネジメントの教育がもっともっと必要だなと感じます。復旧や支援活動への対応の遅れも、政府や電力会社の学習能力のなさにほとほと呆れている次第です。
これは、金融におけるリスクヘッジにも通じるところがあり、投資教育の後進国たる我が国の弊害のようでもあります。

大前研一氏のライブを見るにつけ、一流企業や政府の間抜けさがよくわかります。
http://ameblo.jp/englishtoday/entry-10836976654.html
まさに真実を語っていますし、まったくもって正論と評価します。

私は軍人の経験があり、特殊部隊で4年ほどお世話になりました。
誰よりも早く被災地に到着でき、組織的な救助、救援、援助、復旧活動ができるのは我が国においては自衛隊のみです。
様々な装備や訓練、組織力からしても、レスキュー隊ですらそれは限られ、彼らの訓練自体が空挺教育隊から受けていました。
そんな万能な組織を国民のためにに活かしきれていないことに対してとても不甲斐ない思いがあります。
御巣鷹山の日光機墜落事故が良い経験でした。
あの時すぐ我々第一空挺団を救助に向かわせていれば、相当多くの人命を救助できたことはその後の検証や証言で明らかです。しかし、防衛大臣直轄部隊でありながら政治家や本部(制服組)の様々な支持命令系統の不甲斐なさから実際出動命令が降りたのは墜落からなんと十数時間後(まぁいろんな憶測や言い訳が流れていますが・・・)。。。。空いた口がふさがりません。
そんな過ちが全然教訓になっていないのがこの日本という官僚主導の不思議な国。

自衛隊の持ってる施設隊の重機や炊飯車や給水車を、なぜ即日バートルヘリでピンポイントで運び込まないのか?
なぜ、捨てるほどある(ヤフオクにも出ている)自衛隊の備蓄食料を配布しないのか?
衛生隊の部隊(衛生兵)をなぜ各施設に派遣しないのか?
毛布や防寒着も山のようにストックしているはずなのになぜ配らない・・・・
法律がどうのこうの、有事の際がどうのこうのというが、今ここにあるのが 有事、危機であってそれ以外の何物でもないはずなのに!!!

我が社も各取引先の締め付けで、なかなか厳しい会社運営を強いられておりますが、被災地の皆さんのことを考えれば、食べ物や住む家があるだけでも大違いだと思います。
下請けいじめや、貸し渋り、買占め、差別意識等々が企業や個人も含め日本全土で起こっており、石原都知事の言う天罰がそういう人々には降りかかる運命と信じます。
様々な要因が重なり、日本経済の復興はまだまだ先になりそうです。

反面、支援物資や金銭を率先して提供する人もいて、ボランティアの方々を含めまんざらでもない人々が存在するのも確かです。私も微力ながらあちらこちらで寄付させていただきましたが、これから援助物資も送りたいと考えています。しかし、肝心の東京都や区は新品の物ばかりしか受け付けておらず、ほんとに被災地の要求に応えているのか甚だ疑問です。

そこでNGOを通して被災地で要望が高い古着や書籍、そしてもうすぐ卒業式を迎える息子の不要になるランドセルを送り送りました。
http://www.gakuwari-cafe.com/pg177.html
問い合わせたら、持ち込まずとも郵送でも受け付けて貰えるようです。

弱者をけ落とさず、今自分にできることを今すぐやろうと思っています。
被災地の皆さんと共にこの危機を乗り越えていけますように。。。

居酒屋

先月オープンした「お食事処・お酒処もいん」は、なかなか夜のお客様のご来店が少なく、商店街のせいか、夕方以降は人通りがめっきり少なくなってしまい、折角の駅近のお店なので今後のマーケティングの展開をどうしようかと思案中です。

そんな中、先週から定休日の木曜日を使って「喜久家木曜庵」という手打ち日本そば屋さんを始めました。
週一の木曜日オンリーなので、明日で二営業日目です。

飲食店

目下、飲食店開店の準備に追われています。

内装工事や、掃除、看板の付け替え、従業員の確保、雇用契約書や接客マニュアル等の作成、定款の変更、保健所への届け出、メニューや品ぞろえ、仕入れ業者の確保、備品の準備、告知の準備、ロゴ作成、そしてWebSiteの構築などなど、やることが尽きません。

その合間に、中古機械の調達と販売に追われ、それでも休日は、始まったアチコチの秋祭りに参加し、東京下町界隈でお神輿を担ぐというローテーションを繰り返しております。
(因みに明日は大塚吹上神社祭礼、来週は池袋のふくろ祭りです。)

お蕎麦屋さんの居抜き店舗を借りたので、設備等はほぼそのまま利用できるのですが、肝心のエアコンが故障しており、この暑さでは到底エアコンなしではお客さんは来るはずもなく、エアコンの調達から始まりました。

ところが、業務用エアコンは家庭用と異なり、受注してからメーカーより取り寄せるということが通例らしく、どの業者様も在庫を抱えている所が無い有様で、早くて10月初め遅くて末という状況で、それでいて平気で80%OFFの価格で販売致しています。

メーカー側も在庫リスクを抱えない業態に変貌しており、注文が着たら作るという何とも不可思議なサイクルを公言し、これも外圧との競争という背景を鑑みれば致し方ないのかもしれませんが何とかならないものでしょうか。いっそのこと韓国から取り寄せた方が早いかもしれません。

そうはいっても仕方なく、中古のエアコンを調達、10月初旬オープンに何とか間に合わせるという、価格的には新品とあまり変わりない点では痛し痒しの所もありますが、まずは準備万端整えることが先決なので背に腹は・・・の心境でございます。

さて、肝心の飲食店ですが、命名する時間も余裕もないまま、そのまま会社の名前をとって「もいん」といたしました。
「お食事処・お酒処 もいん」でございます。

読んで字のごとく、昼は食堂、夜は居酒屋で、完全なる大衆のお客様狙いでございます。
告知は、大手2社のグルメサイトを利用し、せっせと宴会予約の獲得を狙いたいところでございますが、如何せんまだ準備中、焦る気持ちを抑えて、コツコツとサイト構築に精を出す今日この頃です。

最後に、お店の場所は江東区住吉で、開店の日程が決まり次第告知いたしますのでどうぞお楽しみに!(割引券の配布や試食会へのご招待なども考えております。)
お店がある住吉銀座通りからは東京スカイツリーが正面に望め、素晴らしいロケーションです。 もいん

我社の社窓から

今日は空気が澄んでいると見えて、かなり遠くまではっきりと見えました。
台風一過の後の様です。

Tokyotower 東京タワーがくっきり見えます。夜景とはまた一味違った凛々しさがあります。

Skytreeスカイツリーも大分高くなってきました。現在の高さは428メートルだそうで、既に東京タワーを大幅に超えています。

MountFuji久々に富士山も顔を出しました。この時期に東京から見えるのは珍しい。

残暑はまだまだ続きそうです。
異常気象の影響か、冷房のきかせすぎか、体調を崩される方が増えているようです。
健康管理には十分注意しましょう。

冷房の付いている部屋に四六時中いますと、たまに外に出て暑くても汗をかけなくなるという、自律神経失調症になってしまいます。

本来備わっているの体温調整機能がマヒするので、すぐ熱中症等になってしまい、水分を摂らないからだとか、帽子を被らないからだとかという犯人捜しをしますが、そうではなくて、文明の利器に人間が頼りすぎた結果だと思うのです。

私が若いころの運動部では、のどが渇いてもなかなか水を飲ませてもらえませんでした。
それでも今のように、熱中症で倒れたり、具合が悪くなったりした人はほとんどいなかったように記憶しています。

そういう私も、冷房をつけたまま過ごしていますし、夜も付けて寝ています。
大分、身体の鈍りを感じている昨今、可能な限り少しでも時間を作り運動をして汗を流すよう心がけています。

この夏、一番活躍したもの

この夏に最も活躍したものがあります。
それは、虫に刺された時の吸引器「ドクターヘッセル インセクト ポイズンリムーバー」 00050008です。
とにかく、海、山、散歩、電車の中、等々手放せないアイテムとしてポケットやバッグの中に必ず入っています。

虫に刺されたら・・・とりあえず痒み止めでも塗って。
普通はこうですが、この夏はこのアイテムのおかげで痒み止めいらずで過ごせました。
また、虫除けの類は汗ですぐ流れてしまします。

方法は、蚊に吸血されたところにこの吸引器を当てて、30~60秒(説明書では60~90秒)そのままにしておくだけでその後のカユミや痛み、ハレは全くありません。
嘘のように元通りです。
但し、刺されてからすぐ(説明書では2分以内)、私の場合は10~30分以内の使用で十分効果がありました。

カユミ。。。
例えば蚊が人間の血を吸うときには、人間の血液凝固作用を阻害、及び針を刺す時に痛みを感じさせない目的の為、蚊はそれらを有効にさせる成分を持つ唾液を人間の体内に送り込みます。
その蚊の唾液が、人間の持つ抗体とアレルギー反応を引き起こすことが「痒み」「かゆみ」「カユミ」であります。

最近の痒み止め薬は、昔より効くものが増えてきたように感じますが、それでもその場は治まっても、白血球が作用する「ぶり返す痒み」が数週間も続く場合があります。

また、蚊は病原菌を媒介することで有名ですが、熱帯地方では毎年、数百万人もの人がマラリアで亡くなっており、昨今の地球温暖化による気温の上昇で、日本でも再流行(1959年に消滅)する可能性を指摘する人もおります。

蚊より恐ろしいのがハチ。
中でも、スズメバチの類に刺された経験がある人が再度刺されると、アナフィラキシーショックで死亡する例が散見されます。
そうじゃなくても、大量に刺された場合は、猛毒によって死に至る場合があるそうです。

さらにもっと恐ろしいのが毒蛇。
マムシやハブは 言わずもがな!ですね。

蚊や蜂に刺された時や、万が一毒蛇に噛まれた時などに対しても効果を発揮するのがこの「ドクターヘッセル インセクト ポイズンリムーバー」 00050008です。
高価なカユミ止め薬より安く、何度でも使えるのでお奨めです。
ウソのようなホントのお話。

王子神社祭礼

今日は王子神社祭礼(お祭り)で神輿を担ぐはずでした。

が、集合予定時間の07:30になっても待ち合わせ場所の王子駅には誰も来ず!

不安になって同好会の会長に電話すると、「アレ!一週ずれたって言ってなかったっけ?」

とのこと。

私の様な会員がもう一組いたが、彼女らはまだ家を出る前でセーフ。

折角早起きして行ったのに愕然としましたが、これも運命と諦め、近所のプールで心身を清めて明日からのお仕事に精を出しませう。

予定はメーリングリストで流してくれればどんなに助かることか・・・

しかしながら、お巡りさん主体のウチの同行会は、なぜか「アナログ」オンリーなのです。

折角「mixi」にコミュニティグループを作ってもなかなか見ていただけないのが、とても悲しい。。。

ついでに、当江戸神輿同行会をご紹介しますと、祭り好きのお巡りさん達が集まってできた会で、当然会員の多くはその道のプロの方。浅草三社、神田、鳥越辺りの大きな祭りで担いでいても、体に墨を入れた○某の担ぎ屋さん達に囲まれようが、とても心強いのです。

折角のお祭り、楽しく担いで、汗を流して、美味しいお酒で直会(なおらい)という清々しさが忘れられず、かれこれ十年ほど、毎年十数か所のお祭りに参加しています。

これで運勢が良くなり商売繁盛となれば尚良いのですが。。。。