Win10アップデート失敗

Win10アップデート失敗により「元の状態に戻しています」が頻発し、丸一日PCが使えない日もしばしば。

2017-07 x64 ベース システム用 Windows 10 Version 1511 の累積更新プログラム (KB4025344)のインストール失敗が原因の様だ。

当面の解決策としては、このプログラムをインストールしないように設定する。

  1. Winマーク→設定→更新とセキュリティー→Windows Update→詳細オプション→更新履歴を表示するで、失敗した更新プログラムを確認する。
  2. https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/307393に入ってwushowhide.diagcab をDL
  3. 起動し「Hide updates」を選べば無効にしたいWindows Updateを選択でき、「Show hidden updates」を選べば一回無効にしたWindows Updateを再度有効にすることができる。